30代になると、それまで気にならなかったシミやそばかす、くすみや毛穴が目立ってきます。

年齢以上に老けて見えたり、顔が疲れているように見えたりしますよね。

30代の美白化粧品を使う女性

20代と同じように美白ケアを使用していても、思ったような美白効果を感じれない方も多いのではないでしょうか?

こちらです

しかし、年齢に合わせた「大人の美白ケア」をすれば、ちゃんと美白効果を感じる事ができます。
20代とは違う30代の「大人の美白ケア」で白肌美人になりましょう。

30代の美白ケアで大切なポイント

  • 肌質の変化に合わせて低刺激の化粧品を使用する。
  • 肌のバリア機能を上げる化粧品を使用する。
  • 肌の潤いを保つ保湿力の高い化粧品を使用する。

ほとんどの女性は年齢と共に肌の水分保有量は減少していくので、30代は乾燥肌、敏感肌になりやすいです。敏感肌・乾燥肌は肌のバリア機能も低下しているので、紫外線などの外部刺激(紫外線)に弱く、過剰なメラニンを生成してしまいます。

それが、30代によくある「美白ケアが効きにくい肌」「シミを作りやすい肌」ですね。基本的にさっぱり系が多い美白化粧品ですが、20代の時と比べて30代は保湿やバリア機能に注意して美白ケアをする事が大切です。

ポイント

大切なのは「低刺激」で、「バリア機能・保湿力」を高めてくれる美白化粧品を使用することです。

ぜひ「30代の美白化粧品ランキング」を参考にしてみてください。

30代におすすめの美白化粧品ランキング

  1. ディセンシア・サエル

    30代の美白化粧品の1位

    30代の肌を守りながら徹底美白のサエル

    ・敏感肌美白の独自理論で限りなく刺激0の美白ケア
    ・セラミドの4倍の浸透力を持つセラミドナノスフィアが徹底保湿
    ・特許取得のバリア機能(ヴァイタサイクルヴェール)が肌を守る

    低刺激 保湿・バリア 美白ケア お試し価格
    ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ 1480円

サエルの詳細を見てみる

30代の「美白」ならサエルで決定です。限りなく刺激を0に近づけた美白成分で、高い美白効果を実現しました。ディセンシア・サエル独自の美白サイクルで、30代の肌のバリア機能と保湿力を向上させ、美白成分の効きやすい肌へ変えていきます。その「美白成分の効きやすい肌」に、独自の美白成分が働きかけることで、大人の美白ケアを実現させます。

  1. アンプルール

    30代の美白化粧品の2位

    しみ・そばかすのスポット美白ならアンプルール

    ・しみ・そばかすに安定型ハイドロキノンのスポット美白
    ・美白成分がマイクロカプセルに包まれて真皮まで届く
    ・セレブロシドと酵母エキスの高い保湿力

    低刺激 保湿・バリア 美白ケア お試し価格
    ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★★ 1890円

アンプルールの詳細を見てみる

30代のしみ・そばかすにスポット美白ならアンプルール。しみ・そばかすにピンポイントで効果的なハイドロキノンを配合しています。アンプルールの安定型ハイドロキノンなら敏感肌にも低刺激なので、しっかりシミ対策をする事ができます。

  1. アスタリフトホワイト

    30代の美白化粧品の3位

    ハリもうるおいを与えるトータル美白

    ・アスタキサンチンが肌にハリとうるおいを与えます。
    ・美白成分「ナノAMA」がシミの根元に届いてメラニンに働きかける

    低刺激 保湿・バリア 美白ケア お試し価格
    ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ 1080円

アスタリフトホワイトの詳細を見てみる

ハリとうるおいを与えてくれるトータル美白ならアスタリフトホワイト。富士フィルム独自の「ナノAMA」で、シミの骨に届いて働く美白を実現します。アスタリフトホワイトは、30代の肌にハリと潤いを与えながらの美白ケアが可能です。

  1. ライスフォース

    30代の美白化粧品の4位

    ライスパワーで潤い美白

    ・ライスパワーエキスNO.11が肌の水分保持力を改善
    ・ライスパワーエキスNO.23が肌の奥からメラニンの生成を抑制

    低刺激 保湿・バリア 美白ケア お試し価格
    ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ 1400円

ライスフォースの詳細を見てみる

肌に奧に潤いを与えながら、お米の力で肌本来の白さに導きます。肌の水分保水力を改善して、真皮から水分が逃げにくい肌を作ります。肌の深層スキンケアのライスフォースです。

  1. HANAオーガニック

    30代の美白化粧品の5位

    100%天然成分のオーガニックコスメ

    ・100%天然成分で作られた肌に優しいオーガニックコスメ。
    ・ローズウォーター成分が肌の酸化を抑制。

    低刺激 保湿・バリア 美白ケア お試し価格
    ★★★★★ ★★★☆☆ ★★☆☆☆ 1480円

HANAオーガニックの詳細を見てみる

天然成分のオーガニックコスメで肌に優しい美白ケアをします。ローズウォーターの3つの成分が肌の酸化を防ぎ潤いある肌に導きます。

30代の美白ケアはディセンシア・サエルがオススメ

ディセンシア・サエルのバナー

  • 敏感用の美白成分で肌の刺激が限りなく0。
  • 特許セラミドで潤いを与えて肌を守るバリア機能。
  • ハイスピード・メラノリターン処方で現在の美白&予防の美白

30代の美白化粧品の選び方

美白化粧品は、「厚生労働省で認可されている美白有効成分が含まれている」ものを選ぶのがポイントです。安全性や、有効性が認められているので正しい効果が得られます。

現在、厚生労働省で認可されている美白有効成分は20種類以上ありますが、その中でもより安定性が高い成分をピックアップしました。

厚生労働省で認められている美白成分

ビタミンC誘導体 メラニン色素を還元して活性酸素を抑える作用がある
ハイドロキノン 漂白作用がありメラニン色素を薄くする
アルプチン メラニン色素の合成をシャットアウトする
コウジ酸 メラニン色素を生成するチロシナーゼを抑制する
ルシノール メラニン色素を抑制する作用がある
トラネキサム酸 皮膚科で処方されるシミ治療の外用薬に含まれていることが多い

※厚生省医薬安全局審査研究会「医薬部外品原料規格」参照

上記の美白有効成分は、20年以上副作用の報告がほとんど見られない成分です。安全性が高いだけでなく、しみを生み出すメラニン色素へのアプローチにも有効です。

美白化粧品の成分比較

ディセンシア・サエル

ディセンシア・サエル

美白有効成分 ビタミンC誘導体・アルブチン・エスクレシド・ヒト型ナノセラミド・コウキエキス

敏感肌の方でも使用できる刺激が少ない美白化粧品です。5種類もの美白有効成分が含まれているだけでなく、特許技術を取得している「ヴァイタサイクルヴェール」により浸透した成分を外に逃がしません。肌にかかせないセラミドも補給できるので保湿効果も抜群です。

アンプルール

アンプルール

美白有効成分 ハイドロキノン・アルブチン・ビタミンC誘導体・セレブロシド

すでに出来てしまったシミを治すなら、アンプルールがおすすめです。従来のハイドロキノンは不安定なものが多く肌への刺激が不安視されていましたが、アンプルールは「安定型ハイドロキノン」を配合しているので肌への刺激がとても少ないです。十分な保湿効果もあるのでとても優秀な美白化粧品です。

アスタリフトホワイト

アスタリフトホワイト

美白有効成分 ビタミンC誘導体・アルプチン・アスタキサンチン

アスタリフトホワイトは美白成分だけでなく、美容成分も豊富に含まれているのでエイジングケアを重視したい方におすすめです。エイジングケアに有効なナノ化ツボクサエキス(AMA)が配合されているだけでなく、肌の奥まで届くようにナノ化されているので骨に近い真の部分にまで美容成分が浸透します。

ライスフォース

ライスフォース

美白有効成分 持続性ビタミンC誘導体

ライスフォースに配合されているライスパワーNo.11エキスは、水分持続力が通常の2倍以上もあります。それだけでなくビタミンC誘導体の持続性が高いので、日中に紫外線を浴びやすい方におすすめの美白化粧品です。

HANAオーガニック

HANAオーガニック

美白有効成分 ローズプラセンタ

高級なローズオイルを贅沢に使ったオーガニック美白化粧品です。100%天然成分のみで作られているので、何を使っても肌が赤くなってしまう、ピリピリしてしまうという方は一度HANAオーガニックを試してみると良いかもしれません。

使ってわかるサエルの魅力|口コミレビュー

大手化粧品メーカーPOLAのディセンシアから生まれた、敏感肌の方でも使用できるサエルを試してみました。

私は数多くの美白化粧品を試してきましたが、サエルが一番日常的に使いやすいと感じました。べたつく感じもなく軽すぎずちょうどいいので、使用感がとても良いです。

美容成分がたっぷりと含まれている美白化粧品は、使用後の肌がベタつきファンデーションのノリが悪くなる印象がありましたが、サエルであればメイク前でも問題なく使用できました。

かなり敏感肌の私ですが心配していたトラブルもなく、全体的に肌がワントーン明るくなったので嬉しく感じています。

美白化粧品のローション写真

ローションはほんのりローズ系の香りがして、サラサラしすぎず、ネットリしすぎずちょうど良いです。

美白化粧品のローション写真

手の甲に乗せてもダラっと流れてしまわないので、パッティングで使用ができます。コットンにローションを染み込ませて使うと、かなり量が必要になるので経済的にも嬉しいですね。毛穴もキュッと引き締まるので、リフトアップ効果もありました。

美白化粧品の美容液の写真

エッセンスを塗ると、肌がほんのりと明るくなります。美容液を塗るとベタつくイメージがありますか、サエルのエッセンスはまったくベタベタしないのでメイク前でも使用できました。

美白化粧品クリームの写真

着け心地も軽いですしベタつきも気になりません。時間が経つにつれてクリームが奥に浸透しているからか、触り心地がだんだんとスベスベになります。

素肌のまま1日過ごしても肌のモチモチが持続したので、ナノ化セラミドによる保湿効果もしっかりと感じました。

30代の美白ケアはディセンシア・サエルがオススメ

ディセンシア・サエルのバナー

  • 敏感用の美白成分で肌の刺激が限りなく0。
  • 特許セラミドで潤いを与えて肌を守るバリア機能。
  • ハイスピード・メラノリターン処方で現在の美白&予防の美白

美白化粧品は意味がない?シミ・くすみに効かない?

シミ・くすみのケアをする女性

正しい美白化粧品を毎日欠かさずに使用し続ければ、少しずつ肌質が変化していきます。

薬事法による美白化粧品の定義は、「メラニンの生成を抑えて、シミ・そばかすを防ぐ」です。そのため、レーザー治療のように使用してすぐにシミ・そばかすが消えるという即効性はありませんが、メラニンの生成を抑えることで徐々にシミや、そばかすを薄くする効果が得られます。

「それならレーザー治療の方が早いのでは?」と思う方がいるかもしれませんが、30代からはシミの予防がとても大切なのです。

20代までと比べて30代は妊娠・出産によるホルモンバランスの変化や生活環境の変化、仕事や育児などによるストレス、また加齢による肌の衰えなどで、メラニン色素が沈着しやすくなります。

それだけでなく、新陳代謝が悪くなり肌のターンオーバーも乱れがちになるため、シミ・そばかすができやすくなるからです。

30代からは保湿効果の高い美白化粧品を使用して、肌のバリア機能を高め、しっかりとシミや、そばかすを予防・改善していきましょう。

30代からのエイジングケアと美白ケア

30代の美白&エイジングケアをする女性

30代からは美肌ケアだけでなく、加齢による肌の衰えを補うエイジングケアも大切になってきます。

30歳を過ぎると肌の老化が始まり、しみ、しわ、たるみ、乾燥などが現れやすくなるからです。

しかし、「エイジングケアをするには具体的に何をしたら良いのか」という疑問を抱いている方は意外と多いのではないでしょうか。ずばり、その答えは「保湿」にあります。

30代からは老化により肌機能が衰えるため、紫外線や、ホコリなどの外部刺激を受けやすくなります。これらをシャットアウトするために、肌のバリア機能を高めなくてはいけません。このバリア機能を高める鍵となるのが保湿ケアなのです。

しっかりと保湿をすることで肌内部の水分が逃げづらくなり、しわ、たるみにつながる乾燥肌になるのを防いでくれます。

また、メラニン色素の生成を防ぐコラーゲン、ヒアルロン酸や、美白化粧品を使用して浸透させたビタミンC誘導体や、アルプチン、水分などをしっかりと閉じ込めることができるので肌細胞が活性化し、ターンオーバーを正常化させることができるのです。

保湿により外部刺激から肌を守ることもエイジングケアに欠かせないのですが、なるべく外部刺激を与えないようにすることもポイントです。

たとえば、肌への刺激が優しいスキンケアに変えたり、日傘を使用して紫外線を防止したりすることもエイジングケアになります。肌の老化はどうしても食い止めることができませんが、毎日の積み重ねにより少しずつ遅らせることはできます。エイジングケアは、早くても損はありません。今からできることを少しずつおこなって肌のハリを保っていきましょう。

日焼け後の美白ケア

日焼けあとの美白ケアをする女性

紫外線を浴びた後、すぐに美白ケアをおこなうと、しみ防止につながります。

じつは、紫外線を浴びてすぐにしみができるのではなく、数時間かけてメラニン色素が生成されます。そのため、日焼けをしてすぐにC誘導体が配合されている美白化粧品で、メラニン色素を排出するとしみを防止することができるのです。

念入りに日焼け止めを塗った場合でも汗によって流れてしまっている可能性も考えられるので、日焼けをしたあとは必ず美白ケアをおこなうように心がけましょう。

美白化粧品は安全?危険性はない?

美白化粧品の安全性と危険について

安全性の高い化粧品を選ぶ上で大切なポイントが2つあります。

  • 厚生労働省が認可している
  • 肌への刺激が弱いもの

安全性の高い化粧品を判断する上で、「厚生労働省が認可している」「薬事法が提示した基準をクリアしている」ということも大切になってきますが、これだけでは必ずしも安全だとは言い切れません。

なぜなら、過去の大手化粧品メーカーカネボウの「白斑症状問題」の要因だと考えられているロドデノールの成分は、厚生労働省から「薬事法の基準をクリアしている」とのお墨付きを得ていたからです。

結論からいうと、この成分自体に問題はないのですが、使用することにより肌がストレスを受けて白斑症状が出た可能性が高いことが研究により明らかになりました。そのため、安全性の高い化粧品を選ぶ上で、肌への刺激が優しいことはとても重要なのです。

カネボウ化粧品「白斑症状問題(カネボウ化粧品美白回収問題)」の実態

「白斑症状問題」は、カネボウが販売したロドデノールを使用した化粧品の使用により、白斑症状(はくはんしょうじょう)が見られた問題です。

この白斑とは、身体に白いシミが見られたり、肌がまだらに白くなったりする症状で、ロドデノール化粧品を使用した推定800,000人の内、約16,000人(2%)の被害が報告されました。

2013年5月13日「ロドデノール配合の化粧品を使用し肌がまだらに白くなった方が3名いる」との報告を皮膚科医から受けてカネボウは自主回収を発表しました。その後の調べにより「5cm以上の白斑症状がみられた」「身体の3箇所以上に白斑がみられる」という重い症状の方が2,000人以上にものぼりました。

ロドデノールは、カネボウが開発した新しい成分で高いメラニン抑制効果があることから美白化粧品として使用された成分です。実際に300人以上を対象とした臨床試験もおこなわれており、厚生労働省からの認可も取得していました。

問題となった化粧品は安全性を何度も確認した上で販売をしていたのですが、結果的にこのようなトラブルに繋がったのです。そのため、「厚生労働省が認可している」という理由で安全だと認識するのは不十分なのかもしれませんね。

問題が発覚した当時は、原因がはっきりと分からなかったようですが、最近の研究によりその因果関係が明らかになりました。

研究結果により、「ロドデノールを使用することによりチロシナーゼが依存的に反応し、小胞体ストレス、あるいはカスパーゼ3が活性化した、もしくはその両方が細胞死(アポトーシス)が誘導され、毒性細胞がみられた可能性が高い」との結論に至りました。

分かりやすくいうと、ロドデノールを使用することにより肌が刺激を受けて、白斑症状が身体に現れたということです。症状が見られたのは全体の約2%の方だったことを踏まえて考えると、まずは自分の肌に合うのかを確認した上で使用をしていくかを見極めることが大切なのだと思いました。

美白化粧品によるかゆみとかぶれ

美白化粧品のかぶれと痒み

美白化粧品を使用してピリピリと刺激を受ける、顔が赤くなる、ニキビが増えたなどの異常を感じた場合は、すぐに洗い流して使用を中止しましょう。使用を中止してもかぶれや、かゆみがおさまらない場合はかかりつけの皮膚科医で診断を受ける、もしくはステロイド剤やワセリンなどで肌の炎症を抑えるのが効果的です。

また、初めて使う化粧品で肌がかぶれてしまわないか心配な場合は、パッチテストをおこなうと良いでしょう。ほんの少しの量を薄く塗って、数時間様子をみて異常がみられなければ問題はありません。

どんなに品質の良い美白化粧品でも、すべての人の肌質に合うわけではありません。
使用をすることにより、かゆみがでたり、かぶれてしまう場合もあるので、まずはトライアルセットで試してみてから使用を続けていくかを判断するのが適切です。

市販の美白化粧品は効果的?

市販の美白化粧品を使う女性

ドラッグストアで販売されている美白化粧品を購入する際は、しっかりと成分表記を確認してから購入するのがおすすめです。

「よくCMで流れているから」「アットコスメの口コミが良いから」という安易な理由で購入を決めてしまうのはいけません。

たとえば、よくCMで放送されている資生堂の「エリクシール」。30代の女性なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この美白スキンケアの成分を調べたところ「4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)」が含まれています。

4MSKは資生堂が独自開発によって生み出した「第三の美白成分」です。この成分が含まれていると肌全体のバランスを正常化し、メラニンの排出を促す効果が期待できます。

それだけでなく、厚生労働省で認可されている美白成分「ビタミンC誘導体」も配合されており、さらにコラーゲンGLや、グリセリンなどの保湿成分も多く含まれているので美白化粧品として効果が高いという判断がおこなえます。

もうひとつ美白化粧品を選ぶ上で大切なことは「1週間ほど使用してみて使い続けるかを決めること」です。いくら優秀な美白化粧品でも、すべての人の肌と相性が良いわけではありません。

そのため、美白化粧品はお試し価格がお手頃で、厚生労働省が認可している美白に有効な成分が豊富に含まれている製品を選択するのがおすすめです。

エリクシールに関して言えば、美白に有効な成分が含まれていること、トライアルセットがあることから試してみても良い製品だと感じました。

しかし、一般的な知識の方がここまで成分を細かく分析して購入を決めるの至難の業だと思います。自分で見極めるのは難しいという方は上記のランキングを参考にしてみてください。